HomePage Search PastLog Admin

姫のページは みなさまのお役に
少しは立てたでしょうか・・・。


【5623回 行ってきます!大台ケ原・大杉谷縦走へ】
  Date: 2020-08-05 (Wed)

4回のトレーニングを積み重ね、いよいよ待望の本番の日がやってきました。

天気は3日間とも「晴れマーク」の保証付きです。嬉しいねっ

6日 (木)の天気は「晴れ・最高気温31°、最低気温20°」
7日 (金)の気温は「晴れ・最高気温30°、最低気温22°」
8日 (土)の気温は「晴れ、最高気温29°、最低気温22°」

大杉峡谷登山バスの運行があるかないか心配していましたが問題解決しました。

登山バスは最少催行人数14名に達していない日は運休らしいです。つい先日まで「未定」が続いていました。

直前の調べてが、最少催行人数14名に達したと言うことで、我々の下山日は「運行決定」を確認しました。ホッ!

このバスが運行しなければタクシーを依頼せねばならないところでした。バスに比べるとタクシー代が高くつきます。

年金組は節約できるところは節約して1回でも多く山を楽しみたいからね。

山に行けること自体が豪華で贅沢なことなんだからね。お金じゃないね。

山での「三密・濃厚接所」は、心配ないとは思いますが宿泊先での行動に充分気を付けて行ってまいります。

久しぶりに荷物が重いです。しかし不要な物は何ひとつ入っていないです。

帰りはズッシリともっと重くなると思います。なーんでだぁ?

「思い出を詰め込んで帰るから重いでー!」キャハハハハ

そんなこんなで8月6日から8月9日までの書き込みをお休みさせて頂きます。

【5622回 荷物チェック】
  Date: 2020-08-04 (Tue)

私が宿泊を伴う山に出かける前に必ず2度チェックをする項目です。

1度目は荷物を準備するときに使います。2度目はリュックに詰める時に使います。

( )地図・メモ帳・ペン
( )常備薬(含 アミノバイタル・ツムラ68)
( )着替え‥必要に応じて
( )カメラ、保険証
( )登攀用品(ヘルメット、シュリンゲ2、カラビナ2、ATC、細引き、スワミベルト)
( )洗面道具とタオル(歯磨粉は使えないかも)
( )合羽・スパッツ(防寒着は合羽を代用できる)
( )ICOCAカード、参加費と予備金
( )日焼け止めクリーム
( )携帯充電器
( )ストック
( )飲料水・レーション・非常食
( )サブリュック

山小屋には浴衣ヤタオルは付いていません。

携帯の充電も出来ないかもしれません。大台ケ原は山中すべて携帯圏外のため電源を切って電池温存に努めましょう。

だいたい9sまでが私の限界重量だと思っています。

共同装備のロープは・・・本来はみんなが交代で携行せねばならないのですが、いつもリーダーのリュックの中です。

申し訳ないと思いつつ・・自分が迷惑をかけないように歩くので精いっぱいです。ごめんなさい。

【5621回 やっぱりかぁ・・・・😢】
  Date: 2020-08-03 (Mon)

毎年恒例の11月開催予定「舞の森・同窓会」がコロナ渦の影響で中止となったことの知らせをうけました。

やっぱり。。。これが正直な気持ちです。

「行くぞっ!行きたいっ!」そう思う気持ちは海よりも深く、山よりも高いのですが・・・。

幹事達さんも苦渋の決断だったと思います。

去年、同窓会が終わった時点で、今回の宿泊先は押さえていたと聞きます。

我々関西支部も夜行バスで行き、高知の朝市を散策する予定まで立てていました。

過日大阪府は「5人以上の飲み会自粛」が発表されました。5人以下なら静かに飲んで良しということでしょうか。

いやいや我々の飲み会に「静かに飲む」なんてことはあり得ない!

1年ぶりの再会に声は大きくなるし、握手やハグはするし、校歌の大合唱はあるし、最後は「蕨岡音頭」で踊りまくる。

「三密」&「濃厚接触」間違いなし・・・なので中止は当然かと思っています。

代替行事の話も提案して頂きましたが、いまはまだ気分が乗っかりません。

同窓会中止のショックに油を注ぐように日曜日の夜、四万十川196kmをイカダで太平洋との合流点まで漕いで行くテレビ番組をみました。

油に火をつけられた感じではありましたが、さすが母なる川・四万十川です、私の気持ちを静かに沈めてくれました。

また来年、今年の分も騒ごう!それまでに一人も消えることなく元気でいたいと思います。

誰がいつあの世に逝ったとしてもおかしくない・・72歳じゃけんねぇ!

【5620回 認知症チェック】
  Date: 2020-08-02 (Sun)

加齢に伴い「アレッ?大丈夫かいなぁ?」ということが増えてきました。

そこで自分で認知症チェックをしてみたいと思います。思い当たる箇所にチェックしてみて下さい。

( )同じ話や同じ質問を何度も繰り返すと指摘された

( )人の名前が思い出せない

( )置き忘れや仕舞い忘れが多くなった

( )身だしなみが無頓着になった

( )複雑なテレビドラマが理解しにくくなった

( )好きな趣味が楽しくなくなってきた

( )今、何をしようとしていたのかわからない

4個以上該当すれば軽度の認知症かもしれません。

加齢に伴い、ふたつの動作ができなくなってくるそうです。

例えば2階に物を取りに行くのに「よっこらしょ」と立ち上がると・・・もう何を取りに行くのか忘れている。

これはヨッコラショと言う「身体を動かす」事と、ものを取りに行くと言う「頭を使う」の2つが同時にできにくくなった証拠らしいです。

では自分で認知症を少しでも遅らせるための改善方法があるそうです。

●会話を増やす、●手先を動かす、●カレーを食べる

カレーにはウコンの成分のクルクミン作用が良いらしい。

カレー好きのインド人には認知症が少ないのはカレー好きだから(インド人もビックリ!)

何はともあれ手と口を動かしカレーを食べて認知症を追い出しましょうtyqy2

【5619回 7月がおわりました】
  Date: 2020-08-01 (Sat)

7月は「社会を明るくする運動」強化月間として大きなイベントを開催する予定でした。

予定でしたと言うのも「社明第70回記念」イベントにも関わらず開催できていないのです。

「濃厚接触を避ける」「三密」を避ける・・よしんば開催したとしても集客が出来ず無残な結果になると予想できる。

「保護司会イベントでコロナ感染者出たっ!」なんてことになったらマスコミの恰好の餌食となるはず。

涙を呑んで「中止」を決定しました。既に会場予約・出演校などには承諾を得ていたため事情説明に伺いました。

学校側もホッとした様子でした。それもそのはず、6月15日に新学期が始まりクラブ活動もまだスタートしてなかったんです。

来年度の出場と言うことで了解を得ることができました。

ならば・・何が出来るかと考えた時マスク不足で困っていた中学校へのマスクの贈呈。

(いまはマスクが溢れていますがその時は日本中どこを探しても無かった)

区民の皆さんの目に触れる区役所でのノボリバタの掲揚など、地道な活動はしてきました。

そんな7月の強化月間も終わり、ノボリバタの撤収に行ってまいりました。

何気なく風にふかれていたノボリバタ、撤収して初めて「あれっ?昨日までここに何かあったよね?」それでも良い。

ひとりでも「社会を明るくする運動」の意義を知って貰えたらと思っています。

【5618回 レポートアップしました】
  Date: 2020-07-31 (Fri)

「滝登りの逆走は恐い!」

雷が鳴ると梅雨が明けるとはよく言ったもので物凄いカミナリの音に怯えました。

何歳になってもカミナリだけは恐くて震えます。

28日「追加トレーニング」と称して前回の七種山での不安点を解消すべく、またまた地獄谷遡行です。(好っきやなぁ!)

決して沢登りをしたのではありませんが、ほぼ水の中を歩いていました。

その様子のレポートをアップしました「大杉谷トレbS地獄谷」でご覧ください。「2020・山行記録」からもご覧頂けます。

いつもの地獄谷とは違う水量に、沢や滝は見た目と違い危険が潜んでいることを出発前に頭に叩き込んでスタートしました。

つい最近、同じコースでトレーニングしていましたので今回は「地獄谷を懸垂下降で下ろう」と決めました。

これがどれほど危険で過酷なことか知る由もありません。

しかしロープワークがしっかり出来ていれば「安全で楽しい」に変身します。

これで大台ケ原での鎖場もメンバー全員で安心して通過できるはずです。

あとは天気のみ!屋久島に次ぐ雨の多い場所ですから覚悟はできていますが3日間のうち、せめて1日は晴れてよね!

【5617回 消えた暑気払いの集い】
  Date: 2020-07-30 (Thu)

コロナ感染者が200人超えたため、唐突に吉村知事から「5人以上の飲み会自粛」が発表されました。

Go toキャンペーンが悪影響してんとちゃうの?自粛期間は8月1日から20日まで。

8月20日に暑気払いの会を予定し予約も済ませていたのですが緊急役員会で「延期」としました。

暑気払いの会で、ひとりでも 陽性者が出てしまうと「此花区の保護司会が・・・!」とマスコミの恰好の餌食になるはず。

ここはグッと我慢して・・・で、理事たちの理解を得ることとなりました。何もかもが中止、中止でストレスばかり積もります。

みんなせっかく喜んで、日程調整して、全員参加の予定でしたのに・・・本当に残念です。

9月の研修会の開催も危ぶまれます。用意だけはしますが力が入りません。

大阪の人数がやたらと多くなってきました。少し気のゆるみが出てきたのだと思います。

某小学校でもコロナ感染者がでたそうです。子供は重症化しないと言われていますが気を付けないといけません。

【5616回 逆走は恐いね】
  Date: 2020-07-29 (Wed)

「逆走は恐いね」とタイトルに書きましたが車の逆走ではありません。滝登りの逆走です。

私達がトレーニング場所として利用する芦屋・地獄谷は、ほとんどの場合「登り」専用です。

たまに下りで見かける人もいますが迂回路(高巻き)を使っての下る方法です。

しかし私達は登ったルートを忠実に下る試みをしました。

苦労して登った滝をロープを使って懸垂下降で下るのです。

全ての滝の形容が違うため、支点方法も懸垂方法も違います。

ある場所では滝に足を突っ込んだり、垂直の壁を降りたり、そりゃあもうハラハラ・ドキドキでした。(楽しい〜っ!)

フリークライミングならば、目の前の壁を登攀下降したり、何度も同じ場所での練習を繰り返しますので様子が分かっています。

しかし、地獄谷は雨の降り様で水量も違い、支点の大木も行って見たら根元からポッキリ折れていたりの試練の連続です。

「楽しい!」と言えば、ヒンシュクを買いますが、もし本番で同じ場面が出て来たら、きっと役立つだろうと思っています。

目指す山へいきなり入山する人がいますが危険です。

パーティを組むならメンバーの「人となり」を観察するのにもトレーニングは必要です。

ロープワークは奥が深くて覚えることが沢山あって非常におもしろいです。

「面倒だからロープ無しで通過しろ!」ベテランの多い山岳会ではそんな指令を出す会もあります。

何のためにロープ持参なんだと・・・。

わが倶楽部は「不安だと言う者がいたら、即ロープを出せ!」と教えられています。

昨日も逆走の岩場で「大丈夫、行けるから降りて来いっ!」と言われました。

しかし私だけどうしても滑る気がして「怖いです」と言いました。すると、すぐさまロープを出してくれて安心して通過できました。

懸垂下降は全然怖くないのに些細な所で恐怖を感じる場面もあります。

大台ケ原の山行は鎖場が多いところです。

鎖場通過のイメージトレーニングはランチの場所でテーブルの上にシュリンゲとカラビナを出して行いました。(笑)

芦屋のレストランは「三密」にならずレジの場所から死角になっていたため・・・長居をしてしまいました(大笑)

さあこれで、準備万端整いました。あとは荷造りです。

そろそろリュックに詰める品を一箇所に集める作業にかかりましょう。

【5615回 追加トレーニング】
  Date: 2020-07-27 (Mon)

大台ケ原・大杉谷縦走のためのトレーニングは七種山が最後だったはずなんですが・・・。

第1案の7月30日の出発が梅雨明け宣言が遅れた為、第2案の8月6日出発とズレで仕舞いました。

七種山での問題点をみんなで解決するために、もう一度トレーニングをしようと言うことになりました。

ハーネスは持たずに簡易ハーネスの作り方、岩場への足の置き方の再点検、手の置き方の再点検などなどです。

年は取ってはいますが山の経験豊富揃いなのですが(若干1名新人)その慣れが怖い。

ちょっとした油断が怪我に繋がるため再度総点検することにしました。

まっ・・そう言いながらみんなと会いたいだけなんですけどね(笑)

第2回目のトレーニングは地獄谷から中央稜でしたので今回は地獄谷から地獄谷を下ろうかと提案しました。

何年か前に地獄谷を下ったのですが最後ロープ回収時に掛けた枝が根っ子からポッキーン・・・折れちゃったのです。

怪我はなかったんですが、そのことがあってから地獄谷を下るのは止めていました。

雨ばかり続いていますので水量の具合で地獄谷を下るのは中止するかもしれません。

大台ケ原の本番は地獄谷や七種山を訓練しておけば、きっと楽しい山行となることでしょう。

【5614回 まもなく梅雨明け】
  Date: 2020-07-27 (Mon)

久しぶりに雨音の無い朝を迎えました。

それにしてもよく降りますね。激しい雨音と、賑々しいセミの声が交代に耳に入ってきます。

今頃は祭りの太鼓の稽古音がしているのですが今年は此花区の祭りは全部中止。

だから私達の祭りの夜の「夜間巡視」も活動中止となりました。

夜空を彩る淀川花火も中止、正蓮寺の川施餓鬼は関係者のみで仏事だけ行うらしい?

何もかも中止で祭りの屋台の人達の痛手は大変だろうなぁと・・・どの地方も祭りは中止なんだものね。

過日、某町のマージャン店の閉店の様子を放映していました。

マージャン業は風俗営業に属するらしく繁盛していた店も客足がピタリと止まったそうです。

40年間マージャン店の食堂で働いた75歳越えの従業員が解雇となりました。

「コロナさえなければ・・・!」「これからどうして生きて行こうか!」と。

収入がなくなるのでいまのアパートを引き払い、郊外にある公営住宅に引っ越すと言うのですが・・・。

働き口がみつかるまで、貯金を取り崩して生きていくと言ってました。

しかし・・75歳越えだと再就職も難しいよね。公営住宅に当選するといいよね。

「Go to トラブル(トラベルとは程遠い❗)」って誰にメリットがあるのかしら?

「おみやげに コロナはいやよ お父さん」

- Sun Board -