01:京都~天満  02:天満~浅香山  03:浅香山~久米田  04:久米田~和泉鳥取  05:和泉鳥取~布施屋  06:布施屋~海南
 07:海南~紀伊宮原   8: 紀伊宮原~湯浅  09:湯浅~御坊   10:御坊~印南  11:印南~芳養   12:芳養~稲葉根
 13:稲葉根~滝尻  14:滝尻~継桜  15:継桜~熊野本宮  16:大門坂  17:かけぬけ道  18:大雲取越え
 19:小雲取越え  20:那智~那智山  21:速玉大社~那智  22:長尾坂・潮見峠  23:赤木越え  24:大日越え
 25:川の参詣道     姫のリベンジ      ウッチーの補行     那智勝浦散策    みんなの感想      編集後記
越の湯・南紀勝浦発14:00 ~ 新大阪18:50
朝食後ぶらりと勝浦見物に出かけました 足湯や紀伊勝浦駅前も散策しましたが 街そのものが寂しげです
川舟センターが運航中止となったためポッカリとスケジュールが空きました。さりとてバスは午後2時まで待たねばなりません。朝食後、空いた時間を「どうする?」と再びミーティングをしました。湾内観光船に乗りたい、クジラの街の太地はどうか?、ホテル内で卓球、ホテル内でカラオケと色々提案を出しましたがどうもみんなの足並みが揃わず、取り敢えず勝浦の街の散歩に出掛けることにしました。散歩に出る前にチェックアウト後の部屋は使用できないため待機場所の個室としてカラオケルームを予約してから出掛けました。ブラ~り、ブラリ「生マグロ」の旗があちこちと多かったです。
 勝浦駅前の商店街は土曜日だと言うのに閑散としていました。(最近は大きなホテルの中ですべて揃ってしまうので昔の様に浴衣を着てブラリブラリは無いみたいです)商店街で、またまた「笠」を見つけJunkoとジョンが購入しました。次回みんなでかぶり舟下りすれば絵になることでしょうね。港まで歩いてみると丁度「ホテル中の島」行きの船が出港寸前でした。姫が交渉し(どう言うて交渉したか内緒)中の島まで船旅を楽しみました。わずかの時間滞在ではありましたが宿泊気分を味わって、また港へと戻ってきました。
地元のおばちゃん達が営む手作り弁当屋で昼食用の食材を買い込みホテルに戻るとロビーにはバスを待つ客で一杯でした。私達は予約していた無料カラオケルームに入りランチタイム。個室なので誰に気兼ねすることなく有効に時間を費やすことができました。食後は温泉に入る者、カラオケを楽しむ者と分かれましたが最後は「熊野古道のテーマ曲」を全員で合唱し新大阪行きのバスの中へ。渋滞もなくスムーズに新大阪に到着し次回の「湯の峯コース」での再会を確認し解散となりました。今回も楽しい旅でした。
 【MEMO】
本日はタクシーなどの費用は発生しておりません
 (姫の感想)
舟下りは残念でしたが次回の「湯の峯最終コース」に追加することで全員一致しました。大阪に戻ってから追加コースのホテル、川舟センターへの予約を行い準備万端整いました。今回は、「ライチのレーション、豪華ホテルへのミニ船旅、カラオケ」と「無料尽くし」を楽しみました。工夫すれば愉快に有効利用できるものです。(だから湯快リゾートか?・・大笑)これもひとえに無茶な提案にみんなが賛同してくれるからこそだと思っています。ひとりでも「嫌!」と言う反応があればスムーズに行きません。かと言って無理に合わす必要もありません。「どうしますか?」と聞かれた時は自分の思いを素直に言って貰った方が行動しやすいです。しかし多数決で決定したら「嫌⇒OK」モードに切り替えてみんなで行動を共にしたいと思っています。
 文:美智子姫  
 
熊野速玉大社~那智 帰阪日   長尾坂・潮見峠
大門坂 かけぬけ道 大雲取越 小雲取越 那智~大滝 川の参詣道 速玉~那智 潮見峠越 赤木越 大日越

戻る